輝  柴, Author at Yakitatei
1
archive,author,author-goldenpanda851,author-1,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.6,wpb-js-composer js-comp-ver-7.6,vc_responsive

Author:輝  柴

横浜

横浜が日本におけるカジノ誘致に参加

多彩な魅力の街、横浜がカジノ誘致に向けて最初の一歩を踏み出しました。横浜市長の林文子氏は8月22日、370万人の人口を抱えるこの都市が、IRライセンスの獲得に乗り出すことを発表し、カジノ問題に対する長年の懐疑論を終わらせました。横浜は、首都圏でIR候補を発表した最初の地域です。首都圏には東京も含まれます。日本の人口の約3分の1に当たる、首都圏の4000万人の住民の参加をもたらすことは、3つのIRライセンス獲得への競争を大きく変えるインパクトを持つものです。 横浜に関するニュース速報が流れてから数時間以内に、時価総額において世界最大のカジノ会社であるシェルドン・アデルソン氏をオーナーとするラスベガス・サンズは、日本で2番目の大都市圏の中心である大阪におけるIR訴求の中止を宣言しました。その代わりに、横浜あるいは東京における統合リゾートへとその関心を移していますが、東京は2020年の夏季オリンピックの開催に集中するため統合リゾートへの関心が大きくないものとされています。 ラスベガス・サンズは、横浜の2018年8月の統合リゾートの情報処理プロセス要求に回答した22社の1社であり、この中には他に、ウィン・リゾーツ、シーザーズ・エンターテインメント、メルコ・エンターテインメント、ギャラクシー・エンターテインメント、MGM、ゲンティン・シンガポール、仁川のパラダイスシティIRにおける韓国のパラダイスグループとの45%パートナーであるセガサミー、いくつかの不動産開発業者のパートナーなどが含まれます。投資銀行CLSAによるレポートによると、鉄道事業者である京急および東急、三菱地所、みずほ銀行が横浜コンソーシアムのパートナー候補として挙げられています。 カジノ   横浜は興奮を引き起こすだけのパワーを秘めており、横浜市の人口は、市として全国で最多を誇ります。便利な国際ゲートウェイでもある羽田空港から、電車ですぐの距離にあり、隣接する東京または他の地域との、道路や鉄道によるアクセスも非常に便利です。匿名を希望するあるコンサルタントは、東京の住民は平日の夜にギャンブルのためだけに横浜に来ることはないのではないかという懸念を表明しています。それを考慮しても、エリアの市場規模を考慮すると、統合リゾートにおいては、世界クラスのエンターテイメントやイベントを開催することが可能となります。 CLSAは、横浜コンソーシアムには独占期間の確保が必要であると考えています。つまり、最初のライセンスが付与されてから少なくとも7年間、少なくとも第二のライセンス付与期間まで東京にIRを構築しないということです。ただし、シンガポールには、マレーシアのジョホールバルとインドネシアのバタムを含む大都市圏内に2つの統合リゾートがありますが、この地域の人口は1000万未満であるため、4000万の人口を誇る世界で最も裕福な地域の1つに2つの統合リゾートがあっても不思議ではないように思われます。 横浜は山下桟橋を統合リゾート地として指定しました。横浜ベイブリッジのすぐそばの47ヘクタール(116エーカー)の敷地は、市内の中華街やウォーターフロントのアトラクションからの移動にも適しています。...

0
0